2014年05月12日

● U.S. ARMYのトレーニング・パンツ

夏用に水着&短パンを、と思い、
昨年から気になっていたコチラを購入。

IMG_20140426_235528.jpg

米軍(ARMY)のトレーニング用パンツ。中田商店で未使用品2,700円

一部のファッション業界人の間でも注目されてるアイテムです。

素材は乾きの良いシャカシャカ系。
水着にも使えるアイテムなので、中にライナーが付いています。
裾幅がかなり広くて、
かみさんから「キュロットスカートみたい」と言われましたが、私は元気です。


ただし、元気じゃなくなる点がひとつ。


買った後に気づいたんです。


ポケットが付いてないことに。


実は、ナイフを入れるような独特の細いポケットはひとつあるんですけどね。
せいぜい、カギを入れるのが精いっぱい。
これを穿くときは、ウェストポーチも必須です。

アチャー......
posted by 呉 ポカン at 12:00| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

● 無地Tシャツ

夏に向けてTシャツも新調中。

IMG_20140426_233346.jpg

Hanes(ヘインズ)の BEEFY。
アメリカ本国企画の現行品です。品質も、日本のものとは全く別物。

去年、白を2着購入して着心地に心揺さぶられたので制服になりました。
今年は色物も追加です。黄色、かなり良い感じです。

本当はポケTも欲しいのですが、扱ってるショップが少なくて......。



続いては

IMG_20140426_233854.jpg

Champion(チャンピオン)のヘヴィ・ウェイトTEE。
厚みのある生地がアメカジ好きの肌と乳首を刺激します。
漢の洋服は、固くてゴワゴワでなければなりません。

幅は広めですが丈がかなり短めなので、意外と大きめでもイケる。
ジャストで着るにはヘインズ、ゆったりと着るにはこっちかな。
白も“色ち買い”したいところです。

以上、アメ横センタービルのハナカワにて。


ちなみにチャンピオンの方、
ネットで1,000円以下で発見しましたので、次はそちらで買い増ししようかな、と。

posted by 呉 ポカン at 12:00| Comment(5) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

● Fruit Of The Loom の下着

去年、Fruit Of The Loomのタンクトップを購入したところ、
あまりの着心地の良さに惚れ込んでしまいました。
5枚入りで3,000円弱。

生地がメチャ薄くて、ビヨーンと伸縮性があって、ピタッと密着するんです。
※そうですね。まるでコンドームですね。

ちなみにHanesも悪くないんですけど(むしろ生地はヘインズの方が良い)、
そっちは肩紐が長くて胸元が広いのがちょっとだけ体形に合わないんです。
その点フルーツの方は、胸元の具合がバッチリ。

んで、今年の夏に買い増ししたいなあと楽天で探してみたところ......


なんと


3Pパックを1つ500円で見つけちゃいました!!!


インターネットってすごい!
そんなわけでドドーン↓

IMG_20140312_211625.jpg

5パック(計15着)買っときました。
これで向こう2〜3年は持ちますね。ヤッタネ、明日はホームランだ!


で、それで済めば良かったのですが、
その時は衝動買いだったので、お店の他の商品を見ていなかったのです。
購入後に他も見てみると、ちょっとちょっと......


パックTシャツも1,000円じゃないですか!!


これまで下着は長年Hanesの青パック(ポリ混)派だったのですが、
ちょうどコットン100%への切り替えを検討していたところ。
こちら、ちょっと試してみましょう。という訳で……

IMG_20140325_225300.jpg

追加購入。
いやーこのパックのデザイン、アメカジ好きはアガりますよね。
着てみると、肌触りもゆったりめなシルエットも、共に最高。

これはこれから愛用しようじゃありませんか。
と、サイトを再度見てみたところ

え?え?え?え?



タイムセールで1パック500円!?



ちょっとー、えー、そんな、買ったばかりなのにやめてよー。
うそーん。


という訳で、こうなりますよね。


IMG_20140412_230942.jpg

ドドーン。

向こう3年くらいは下着買う必要無いですね!
むしろ、売れるほどありますネ!
ヤッタネ、明日はホームランだ!


ちなみにそのお店、今は完売です。
http://item.rakuten.co.jp/usmarket/c/0000002728/
僕が買い占めたわけではありませんので、悪しからず!

posted by 呉 ポカン at 17:00| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

● Champion(US企画)の普通のスウェット

前回に続きまして、今回は新品のスウェット。

チープな無地スウェットを探しまくったのですが、
アメリカ本国仕様のインポート物にこだわると、びっくりするほど無いんです。

要するに Hanes、Fruit Of The Loom とかですね。
まあ、それはそれは、無い。

あったとしても小さなショップが独自に仕入れてる並行輸入品だったりして、
値段を見ると「それなら他に良いブランドのやつ買いますよ!」的な、
ウソみたいなのが付けられてたりして。


んで探しに探し、ようやく見つけ出したのが、
Champion の「eco fleece」シリーズのもの。
輸入卸業者が、事務所でついでに小売りをしているお店で発見しました。
(その店、今は平日しかやってないので、なかなか行けない)

IMG_20140307_211245.jpg

リバースみたいに腕が太くないから着やすいし、形もシンプル。
そして、軽くて暖かい。ポリ混だから洗濯の乾きも早い。
何も言うことが無いじゃないですか。

ちなみに一着1,500円で購入しました。ヤッタネ、明日はホームランだ!

ただしグレーの方、二度ほどの洗濯で裾のリブがほつれたのは、
まあご愛嬌でしょうかね(涙) 直せる程度だったので良かったですけど。

こういうのをフツーにいつでも買えるお店、もっとあれば良いのになあ。


■追記
ちなみに最近、現行の新品を買う際は、
米国本国仕様のアイテムであれば made in U.S.A. にはこだわらないことにしました。
「そうすれば制約も無くなるので幅も広がり、安く買える!」と踏んだものの、
結局、無いんですよね。
日本企画のアイテムだけはロマンが無いので好きじゃないんですよ。

そして、最近になって気づいたのは、
今、都内で一番ソレ系のシンプルな現行アメカジ・アイテムを多数揃えてるのが、
原宿の名店、「MADE IN WORLD」だということ。
かつての90年代のイメージしかなかったのでw 意外でした。
今は移転中らしいので、いずれ訪れてみたいです。

あとは「PROPS-STORE」かな。
でもここは、ちょっとだけ、高い。

posted by 呉 ポカン at 23:22| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

● 古着スウェット

ご無沙汰ですみません。

このブログを始めたのは10年前なんですけど(もはや戦慄)、
当時からずっと変わらず好きでいるのが、古着を中心としたスウェットです。

昨冬はセーターを買えず、スウェットを何点か買ってました。
今回は古着をアップ。

IMG_20140222_213237.jpg

IMG_20140224_235814.jpg

「DESERT SPORTSWEAR」というローカル・マイナー・ブランドによる、
なんちゃってリバースウィーブ。made in U.S.A.。
しかし偽物と侮るなかれ。
身頃もアームもリバースより細めでサイズ感が良く、とても使いやすいシルエット。
尚且つコシがあって柔らかな生地の質感が最高。
こっちの方がリバースよりずっと好きです。大当たりでした。

骨董なので市場価値がネームバリューと希少性に左右される古着ですが、
こういうマイナー&ローカル物にこそ醍醐味があると思ってます。
つーかむしろ、こっちの方が希少性高いだろ!



IMG_20140227_223424.jpg

続いては本物のリバース。90's の刺繍タグで made in U.S.A. 。サイズはL。
今時の若者風に大き目をダボっと着ようと思いましたが、相変わらず難しい。
よく考えたらそういう感じが苦手で、以前はリバースを敬遠していたんでした......。
でも、休みの日に子供と遊ぶときは重宝しました。
また秋口になったら、使用頻度が上がることでしょう。

リバースはMサイズが見つかれば一番良いのですが、今やレアサイズですからね......。


それにしてもブログを始めて10年って......。
以前は
「こんなに簡単にインターネットにアップできるなんて、なんとお手頃なツールなんだ!」
と感涙ものだったブログでございましたが、
今じゃそれすらも億劫になってしまうんですから、何ともはや、言葉がありません。

posted by 呉 ポカン at 22:49| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

● G.H.Bass のローファー、その後

先日買ったBASSのローファー

これがどうも、なかなかの困ったちゃん......
否、「ババ」を引いてしまいまして、もう悔しいったらありゃしない。


左足だけ、もう最悪な事になっています。


元々、側面のキズと、内張りの剥がれがあったのですが、
キズはまあ許容範囲で、剥がれはレザーボンドでペタッと補修。
何とか気にならない程度と目をつぶったものの。

たった一度の着用で

20140116_235038_Richtone(HDR).jpg

つま先と屈折部に、水ぶくれのような浮きジワ(=銀浮き)が発生。

(写真はワックスを塗りたくった後なのでちょっと目立たず)

それに加えて、履いていると、
革が軋んでギュッギュッとやたら大きな音を立て、
その軋みが、足にまで振動として伝わる有様。


そりゃ無いよトホホホホ。


買ったアメ横センタービルのお店(Loake Shop)を調べたところ、
楽天に最安値でBassを出品中の会社が経営している実店舗だったのですが、
見事に「返品・交換不可」と記載がありました。

しかも問題なのが、僕、履く前に修理屋に持ってって、
ビブラムのハーフソールで補修しちゃってるんですよね......。

大事なお小遣いなのに、買い直すなんて無理っす。


取り敢えずその楽天から問い合わせのメールを出していますが、
はてさてどうなることやら。


皆さんもBASSを買う際は、
実物を隅々まで見て十分注意した方が良いと思います。
外側にキズがあるものは、やっぱり中身も雑な可能性大ですよ。


アメリカ人は本当にこういうの気にしないのでしょうか。
そういう無頼な気質、憧れるわー......。
posted by 呉 ポカン at 00:59| Comment(0) | ■ 靴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

● G.H.Bass “LOGAN”

IMG_20131229_183520.jpg

Bassのペニーローファー「LOGAN」が1万円を切っていたので衝動買いしました。

上野・アメ横センタービル 3Fにある「LOAKE」ショップにて。
(つーかロークって懐かしいけどかなり安くてカッコ良かったっす。欲しい。)

買って、家に帰ってから気づいたのですが、
左足に、キズがあったり内張りがちょっと剥がれていたりと、かなり粗雑な作りで。
Bassではよくあるとは聞いてたものの、いざそれに当たってしまうとちょっと残念...。
履いているうちに、気分的にも見た目的にも気にならなくなると良いですが。
これで検品OKになるんだから、アメリカってのは本当に大らかな国です。

今、事前に補強修理へ出して、ヴィブラムのハーフソールを貼り付け中。
あたくし、革靴はつま先がすぐにやられるタチなので、
これをするだけで寿命が5年以上は延びます。


以前から「あー、このコーディネイトには黒のローファーが合いそうだなあ」
ということが何度もありましたので、意外に念願のアイテム。
(この程度の金額ですが、お小遣いの身ですから。)

早く履きたいです。


しかし、オールデンのローファーをポコッと買ってガンガン履ける人たちって、
どれくらいの収入で、どういう生活環境なのかしら...。気になるわあ。
posted by 呉 ポカン at 01:55| Comment(0) | ■ 靴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

●買ったものまとめてUP

こまごまと買ったものを一言コメントで。

IMG_20131012_162457.jpg
■ Hanes クルー・ソックス
POPEYEの影響でブームとなっているパックの白ソックス。
こちらはヘインズの6Pでmade in U.S.A.。
まだ開けてないですがかなり分厚そう...。

■ Carhartt アクリル・キャップ
定番中の定番。
昨年は蛍光のイエローを買いまして、今年はオレンジ。
ビビッド・カラーはアメリカではなくカナダ製らしい...?

■ Yopoong / Flexfit ジェット・キャップ
これから流行りそうなジェット・キャップ。無地で1,000円。
この後、タイガーカモのものも追加購入しました。
どこかのブランドがこういうのをベースにしてプリントや刺繍をペタっとしたら、
値段が5倍とかになる訳ですね。


IMG_20131030_211050.jpg
ずっと欲しかった、我が愛しの“L.L.Bean”のシェル。
シルエットも良く防水もバッチリで19,000円は激安でしょう!
と言いたいところですが、円安前は16,000円だったのよねえ...。
いやいや、でも、これは本当に良いアイテムです。愛用します。


IMG_20131130_233438.jpg
見た事のない“Murina”とかいうブランドの無地T。
made in U.S.A.。3枚で500円でした(笑)
調べてみたら、“AAA”でお馴染みの「Alstyle Apparel」によるブランドでした。
下着に買ったつもりがあまりに生地と着心地が良いので、来夏の一軍入りに変更。
アメリカ綿って、やっぱり明らかに日本のものと違いますね。


IMG_20131130_234409.jpg
アメリカン・アパレルのスウェット・パンツ。
良い感じのスウェット・パンツを探し続けて数年。やっと出会えました。
細身のシルエットで、肉厚な生地。最高です。


IMG_20131130_235128.jpg
ここまでのアイテムはL.L.Bean以外全て、
二駅隣の町にあるインポートの卸業者がやっている店舗で買ったのですが、
このコットンツイルのコートが一番の掘り出し物。
“BEETLEHEAD”という謎のブランド。
かなり昔の商品が倉庫から出てきたので処分品との事で、そのお値段なんと1,000円!!
そして魔法の言葉、made in U.S.A.の文字が!!
いかにも80〜90'sらしいビッグ・シルエットが逆に今風。
サイズはMサイズで相当大きめですが、今年ならむしろこのサイズという感じ。
寒さが本格化するまでは、ビーンのシェルと一緒にメイン服にします。


IMG_20131202_234103.jpg

IMG_20131203_004246.jpg
以上はBrooks Brothersで。
New Eraのキャップは似合わないし、
エベッツフィールドは流行り過ぎて終わった感があるし、
両方高いし...(苦笑)
というところで見つけたキャップは2,500円(税抜)! こっちで良いっす!!

時計ベルトは隠れた定番品。お値段も2,000円(税抜)。
ちょっと細すぎるかなあ...。
でもまあカッコイイので、汚くなるまで使ってまた違うのに替えます。

それでは。
posted by 呉 ポカン at 01:33| Comment(3) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

● Levi's 501&505 (RIGID / U.S.A.企画)

501505.jpg

4〜5年穿いている501がだいぶ色も薄くなり、
股ぐらの生地もやられてきましたので、リジッドの501をようやく新調。
加えて今回はもう一つの定番、505も買ってみました。

オリジナルであることにこだわりたいので、
Levi'sはアメリカ本国企画しか買いません。
しかも日本のリーバイスより断然安いですからね。
上野のヤヨイにて、それぞれ一本5,900円(税込)です。


と言うか、もう今後、
ジーンズは米国企画のレギュラーLevi'sだけで良いや、と思っています。
レプリカやらデザイナーズやらは、一切興味が無くなりました。
Levi'sさえあれば、コーディネイトに過不足が全く無いんですもの。


501はお気に入りのメキシコ製が買えました。
505は残念ながらメキシコ製の在庫が無く、ニカラグア製。
メキシコ製はこれまでの自分の経験も含め、色落ちが良いとされています。
ですが根拠は無いので、ただの精神論かも。
恐らく穿いてしまえば一緒でしょう。

リジッドはサイズ選びが難しいのですが、
一度わかってしまえば試着要らずで買えるようになります。
ところが難しいもので、501の方は、
個体差なのかウエストが想定よりちょっと小さめ。
洗い上がりのサイズがギリギリ危ないところでした。
またレングスは、流行に合わせて短めが良かったのですが、
数年後に長めに移行したらイヤなので、いたって普通の丈にしておきました。
長い分はロールアップでもしましょうか。

糊を落とした直後のゴワゴワバキバキとした感触、たまりません。
いま2本とも堪能しています。

そして意外だったのが、
これまではZIPフライが苦手で避けていた505が、
思いのほか穿きやすくシルエットも良いところ。
(米国505は細すぎない、むしろちょっと太いくらいなのが特徴とのこと)

普通にスウェットやネルシャツに合わせる際は501。
シャツをインしたりジャケットに合わせたりする際は505...
そんな使い分けをしていきたいと思います。

その穿き分け、ファッションの教科書通りですけどね。
posted by 呉 ポカン at 00:50| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

● ポケT&無地T

冬頃から「次の夏場は絶対にポケT、もしくは無地だな」と考えていましたら、
自分だけではなく、雑誌などの牽引もあり、今年は断然ポケ&無地が大人気。
「俺はセンスが良い!」
...というのではなく、世の雰囲気や気分に自然と流されていたのでしょうね。


という訳で色々と買ったものを載せようと思うのですが、その前に長々と語ります。


選ぶ上で自分なりのテーマがありまして、
●ファッション・ブランドのものは絶対にNG
●とにかく値段が安い事が大事で、一着1,000円前後。値段こそ最重要。
●何故ならTシャツは下着だから。下着で外を歩く感覚。
●その代わりに“ホンモノ”にこだわる。
 (本国仕様の輸入品にこだわり、ライセンスの商品はダメ)
という事でした。
本当にただのこだわりなので、探す&着る時のゲーム感覚ですけど。


で、普段ならポケTと言って真っ先に候補に挙がるブランドは、
このブログにも過去何度となく出てきている「Goodwear」なのですが、
日本の代理店が入った事に加えて円安で、とにかく値上がりが顕著。
しかも無駄に細身に仕上げられていて、全く好みではなくなってしまい、
残念ながら今年は見送ることに。

その他にもmade in U.S.A.のアイテムは全体的に値上がりが見られ、
“やっすい下着をたくさん買う”という今年のテーマにはなかなかそぐわない状況...

そこで、いつもは馬鹿のようにこだわる「made in U.S.A.」は諦め、
アメリカ本国企画品であればUSA製でなくともOKという方針にしました。
(もちろんアメリカ製で入手できればそれは嬉しいけど!)

その流れで真っ先に挙がるのは
アメリカ本国の「Hanes」や「Fruit of the loom」という事になりますが、
ポケTを探し始めたところ、これがまあ、なかなか見つからないんです...
どこでも買えるような感じがしますが、本当に無いんです。

アメリカの肌着ブランドのポケTを、
定番として常に在庫を切らさず扱ってくれるお店がもっとあっても良いのに。
(今は見つけましたが、それは後述)

ただ、日本に代理店やライセンスが無いFruitなんかは、
型番が多く、すぐ廃番になったり商品が入れ替わったりするため、
恒常的に取り扱うのは難しいなんてお話も聞いたりしましたけど...

そんなこんなで、ポケTはほぼ買えず、
結局はただの無地Tシャツがメインになってしまいました。
長〜い前置きは終わって、ザザっと簡単に紹介。
(いや、この前置きが一番書きたかった話なんですけどね)



※写真を撮るのが面倒なので、全て余所から拝借してきました。
us_navy
us_navy_tag
皆さんご存じかどうかは知りませんが、
知ってる人は知っている、米軍のTシャツです。
紺色からもお分かりの通り、海軍(NAVY)です。
で、米軍なので当然こちらはアメリカ製!
上野の中田商店で1着700円のものを、5着買いました。
生地は薄めのバリバリ、形は細め。丈長め。
まあまあってとこですね。着るとカッコイイんですけれども。



bayside
こちらは「BAY SIDE」のポケT。
上野の「Jalana」にて2千円弱。
そして嬉しいmade in U.S.A.!
生地はガサガサ系で、身幅は普通の、丈は長めなシルエット。
これもまあまあって感じですが、
一応は探しに探したポケTですから気に入って着ていたら、
洗濯で裾のロックが早速ほつれてしまいました......。
縫製がゆるすぎるので大幅に減点。残念......!



fruit_pocket
写真は新品ですが、古着でFruit of the loomのポケTを発見。
(実物はタグ無しのプリントタグです)
1000円くらいだったので古着でも良いや...と買ってみたら、
いやはや、これがまた肉厚な生地の質感が最高で、
身幅は適度にゆったりで、そして丈は長すぎず、
もう着やすいったらありゃしない!! 大正解!!
これを一週間分、いっぱい欲しいのに!
どうしてこれを新品で常備してくれる店が無いんだ...


gildan
これはオマケ的な。
ドン・キホーテでいっぱい売ってるGILDANの無地T。
今年大流行のネオンカラーが目を惹いたので買ってみました。
まあ目立つ目立つ。色は最高。蛍光イエロー大好きです。
でも、所詮はGILDAN。
古着であるやつと印象は一緒で、安っぽいペナペナの生地感はイマイチ。
......いや、それがアメリカモノっぽいと言えばそうなんですけどね。
バリエーションの一つとしては、決して嫌いではないです。



んで、最後。
beefy
HanesのBEEFY。結局コレですよ。
上野のハナカワにて、白のみ1着800円なので2着買いましたが、
生地感・サイズ感・着心地...。やはり金字塔です。
ただし、このアメリカ本国企画に限ります。
日本のヘインズのものは素材も縫製も全く違いますからね。
取り敢えず、「アメリカの服を着てる」っていう実感が良い気分!
白をもっと買い増したいし、ネイビーも2〜3着欲しいところです。
(色付きは確か1,100円くらいだったはず)

でも本当は、これのポケット付きが良いんだよな。
恒常的に扱ってくれる店、無いのかしら......



■追記
フルーツ・オブ・ザ・ルームのポケTは、
この「PROPS STORE」だと比較的定番として扱っているみたい。欲しい!
でも、お店の場所が普段の行動範囲内ではないのよねぇ。
まあ通販でも良いんだけど......。
posted by 呉 ポカン at 00:56| Comment(0) | ■ 洋服など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 ファッションブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。